新住協 中部東海支部

㈲原建築

岐 阜 県

㈲原建築
〒508-0351 岐阜県中津川市付知町11372
TEL.0573-82-3632
URL:http://www.harakentiku.com/
E-mail:hara@harakentiku.com

代表取締役
 原 孝

はら建築の代表として、いつもお客様と打ち合わせをさせていただいています。
住まいのご相談を受けたり、打合せをしている時に、お客様の立場に立って、どんな間取りやデザインにしたらよいか、予算内で実現するにはどうしたら良いかを考えるのはお客様に「惚れて」いるような感じなんです。
対話を繰り返すうちにお互いのことを良く知って同じ目線で、同じ想いやゴールを持って一緒になってベストな住まいを作り出すことができると思っています。
お客様とはいつも、親戚のような長いお付き合いをさせていただいています。

住宅業を営んでいてお客様に喜んでいただくことが何よりの喜びです。 家づくりは舞台のようなものです。 見せ場が沢山あります。見せたいところも沢山あります。 見えないところの工夫も沢山あります。 住宅に同じ仕事はありません。住まいの性能は数値で表しています。 信用と信頼を大切に取り組んでいます。 家づくりの思いをお聞かせください。 ハラをわってお話ししましょう、家づくりのこと。

やさしく造りますあなたの家
玄関入ってホッとする我が家 高断熱・高気密住宅

LDKの大きな空間は家族が集まります。

はら建築の家は、四季を通して玄関に入ると木の香りが迎えてくれます。ホットする我が家。 快適に暮らす・安心して暮らす高断熱・高気密住宅を造り続けています。
お住みになる家族の幸せづくりを考え、さまざまな工夫をしています。 岐阜県東濃地方の寒い冬も太陽光をたっぷり室内に取り入れ、床下からエアコン1台で快適に過ごせる住空間の追求。
夏は窓からの日差しを入れない工夫、2階から涼しい風が下りてきて家族みんなが快適に暮らせる工夫。
自然エネルギーを活かしながら、屋根には高性能グラスウール300㎜を入れ、壁は高性能グラスウール120㎜充填、付加断熱105㎜を入れ225㎜断熱を実現。
窓も樹脂サッシトリプルガラスで冬の室内の暖かい空気を逃がしません。
そして私たち地元工務店の使命として、「伊勢神宮」「姫路城」にも使われている良質なひのき、東濃桧の里 中津川の県産材にもこだわっています。
スタッフ一人ひとりが各分野のプロフェッショナル、高いプロ意識を持った職人たちが住む人に優しい家を造り続けます。 ご家族の家づくりにおけるパートナーとして「ハード面」「ソフト面」の両方から家づくりのサポートします。

床下エアコンと太陽光を取り入れ冬もポカポカ。

お施主さん手づくりの照明。

国産材 桧材と杉材で仕上げました。

2階もひのきと杉材でやさしく仕上げました。

ガルバで仕上げた外観。夏はデッキでバーベキュー。

開放感ある吹き抜け。高断熱高気密だからできる技です。

岐阜の木の家フォトコンテスト2018施主部門 優秀賞

洗面所にも棚を取り付けました。

玄関もたくさんの木を使いました。

脱衣室には収納と折りたたみ椅子。

トイレも棚を取り付け。

壁の断熱材 高性能グラスウール120mm+105mm。

心と体を癒し住む人にやさしい
あったか家族の家づくり

ヒノキ材の階段ホールはナチュラルホワイトで仕上げました。

「安心して暮らしたい」そんな思いを支える、快適な室内環境で使用するエネルギーは次世代基準の2分の1以下、地球にやさしいQ1.0住宅を目指し、お住みになる家族の幸せづくりを考え、思いやり、デザイン・設備・価格をとことん追求して、満足していただけるよう、さまざまな工夫をしています。東農ひのきの里「付知(つけち)」にて3代にわたり百年かかって育てた木を、百年住み応えのある家に世代をこえてひのきの温もりを伝えます。
先代より引き継いだ伝統の技術、新しい技術の融合により温度ムラがなく少しのエネルギーで冬暖かく、夏涼しく家全体が快適な空間が出来上がります。新住協に出会い高断熱高気密住宅を造り始めてから15年たちました。
断熱・気密の信頼できる確かな施工技術をもって、はじめて住宅の性能が発揮される基本となることを常に思い、東濃ひのきをふんだんに使い、建てる地域に合った高断熱高気密の家づくりに取り組んでいます。

大屋根でログ風丸太で仕上げ。

子育て真っ最中のママに安らげる空間を。

東濃ひのきと蛭川みかげ石のコラボ。

トレーニングルーム パパは今日も汗を流します。

子供たちの様子を見ながら食事の準備。

塗り壁と腰板 石も張っちゃいました。

壁の断熱 丁寧な施工が断熱性能を高めます。

梁上に断熱材の敷き込み。

二代目大ひのき 一緒に見に行きませんか?!