㈲松本吉弘建築事務所

  • HOME
  • ㈲松本吉弘建築事務所

㈲松本吉弘建築事務所

 

〒921-8802 石川県野々市市押野四丁目125番地
TEL.076-248-0063
URL:http://www.m-daikusan.com
E-mail:matsumoto@m-daikusan.com

代表取締役
松本 吉弘

北陸は北海道や東北に比べたら寒くはない。
その為、断熱に対する一般の関心は低く、「冬は寒くても暖房を使ってしのぐのが当たり前だ」と思っている人が多い。
そうした現実を前に、社長は設備のグレードを下げても断熱化の必要性を力説する。
数値の説明より、『まずは、冬暖房なしでも身体がふるえない室温になるまで、とにかく住宅の性能をあげましょう』それが社長の優先順位である。
社長自らが現場に出る大工社長ならではの発想と施主目線にたって、より住みやすい空間になるよう試し、挑戦をしています。

省エネ「見える化」より「暖かく」
小さな工務店だからできる家

玄関部分の仕上げ材は、木の香りがする無垢材に自然塗料を使用しました。

要望により畳部屋が4部屋あります。この部屋には仏壇も収納。

 

 

「健康住宅」をめざしシックハウス対策や高気密・高断熱に取り組んだ住宅を手がけ20年が過ぎました。
まず家づくりをする時に「施主様の気持ちを大切に」を意識することから難しい言葉は使わず『省エネでも冬は暖かくなって夏は涼しく過ごせます』とだけ話す。この住宅のお施主様は35年前に弊社が新築をしました。
寒いからと15年前にリフォームをしましたが、高齢になるにつれ、生活スタイルが変わり生活導線にも不都合を感じるようになってきたと相談を受けました。
高断熱耐震住宅のリフォームを提案しましたが、第一に「寒い家はいや!建替えたい」と、耐震も含めより省エネの住宅になる事を望まれ、Q1.0住宅のモデル住宅を見学し、よりご自身が住みたい住宅の仕様が決まりました。
完成してから度々伺い、「快適ですか」と聞くと、熱エネルギーに関してはかなり興味をもっておられ、ヘムズを取付、電気の消費量を毎日観察して室内の電気使用量を見ながら生活の快適温度を工夫して生活をされています。
『家の中にいると身体が楽だ!』と嬉しい言葉が聞かれます。

 

 

リビングには八寸角の大黒柱。
建具は天井まで通しで解放感があります。

リビング・ダイニングと和室を解放できます。

細長い変形敷地に施工しました。

2階共有部分には排熱用の開口部を取り付けました。